生きがい

 

● LinkMakerのミッション ●

リーダーシップを持った10代,20代を育てる

 

 

 

先週、少しはここに寄与できたかな、と思える企画がありました。

 

 

http://kakeru-pj.com/

カケるプロジェクト。

 

 

福井県の県内定着促進事業として、

今年度から始めた、ゼロから立ち上げた企画です。

 

 

学生が、就活がはじまる前。

インターンシップがはじまるもっともっと前から、

福井の資源(企業・文化・人)と関わりを持つ。

 

 

そして、福井での想い出を増やし、愛着を持ってもらう。

そしてそして、県内で活躍する人財を増やす、というもの。

 

 

 

先週末、このプロジェクトの企画のひとつ、

“カケるプラン”の2回目が開催されました。

 

 

 

“カケるプラン”は一言で言うと、

学生と社会人の県内旅行企画です♪

 

 

 

1回目は9月に、勝山市内で行いました。

 

そこに参加した学生から、2回目の企画運営者を募ったところ、

今回、5人の学生が立候補してくれました。

 

 

 

この5人の成長を、すごく感じて、

それはそれは、本当にうれしかったんです。。

 

 

 

メールの文章や先輩(今回は僕)への連絡の入れ方など、

最初は「学生だからこんなもんか」と思っていたことが、

準備終盤になると、人前に出しても恥ずかしくないレベルに!

 

 

 

企画当日の参加学生と社会人(全体21名)への案内や気配りも、

胸を張って企業の採用担当者におすすめできるレベルでした。

 

 

5人全員が、それぞれの役割を責任持って全うしようという気持ちが、

成長を促進させたのだと感じました。

 

 

【立場が人を成長させる】

 

 

大切にしている言葉のひとつです。

 

自分もそうでした。(今ももちろん、そうです。)

前職で人事として接した新入社員もそうでした。

 

 

 

ただ、その立場を与えた場合、与えた側にも責任が伴います。

 

 

 

それは、与えた側(今回で言うと僕)が、

teaching と coaching を状況に応じて行うこと。

 

 

 

「まだ未熟だったな」「まだ早かったな」

 

これらの言葉は、

サポートした側(与えた側)の力量がない=自分の実力のなさの肯定

 

 

なんだと、今回の僕の立場を通して学ばしていただきました。

 

 

今回の学生をサポートする立場を通して、

自分の未熟さを感じさせていただきました。

 

 

その点も学生に感謝です。。

 

 

 

 

 

最後に話が戻りますが、

 

 

自分より年下の成長を感じられるのは、

とてもうれしいことだと、再認識しました。

 

 

自分の人生にとって、間違いなく”生きがい”です。

 

 

 

そう認識させてくれた運営メンバーと、

今回の”カケるプラン”に関わってくださった皆さんに、

心から御礼申し上げます。

 

 

貴重な経験と、生きがいを感じさせてくれた機会をいただき、

有り難うございました。

 

 

 

★カケるプランの様子はこちらから♪

https://www.facebook.com/kakeru.291/

シェアする

PREVIOUS
NEXT

関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です