卓球マシーン、寄贈してきました!

一番最初にラケットを持った卓球クラブ。

 

小学校の区域をさらに細かく分けた、

最高にローカルなクラブ。

 

 

一昨日、僕に卓球の楽しさを教えてくれたそのクラブに、

卓球マシーンを寄贈してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

小学三年生の秋。

 

 

 

今から20年前。

 

 

 

 

僕が初めて卓球のラケットの握ったのがこの頃。

 

 

 

90分の練習時間、ずっと素振り。

 

ずーーっと、鏡に向かってひさすら、素振り。

 

 

 

 

その鏡に映るのは自分の姿とラケットと、卓球マシーン。

 

 

 

「マシーンで打ちたいなー・・・」

 

って、素振りしながらいつも思ってました。

 

 

 

 

 

最初に打てた時のうれしさは、

 

 

 

 

 

ほとんどなかったです。

 

全然ボールに当たらないからです。w

 

 

 

モヤモヤ感のほうが強かった気がします。

 

 

 

それでも、しっかり打てた時はうれしかった!

 

 

2球連続で入ろうものなら、

ニヤけてたんじゃないかなー♪

 

 

 

 

 

 

 

当時のマシーンは、

今も監督をされている方が、個人のお金で買ってくださっていたもの。

(確か、もう30年以上指導されている!)

 

 

 

その行為の素晴らしさに当時は気づくはずもなく、

ただただ、打たせてもらえた時がうれしくて。

 

 

 

 

今も昔も、ボランティアで教えてくださっている監督。

 

保護者の方も1,2人、いらっしゃるときもありますが、

教える人(社会人)が足りない状況は、僕の時からずっと一緒です。

 

 

(この少子化時代に、まだ10人以上の子供が習いに来ているのは、近年の卓球ブームもあるそうです。w)

 

 

 

 

 

そんな監督と、今の子どものために、

少しは恩返しできるかなぁと思って、寄贈してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨日、そのマシーンを持って、久しぶりにクラブへ♪

 

 

披露した時の子供の目の色。

セッティングしているときのせわしなさ。

 

そして、

打ち始めてからのはしゃぎよう。

 

 

 

その表情を見て、

「買ってよかったなぁ」って早くも思いました。

 

 

寄贈するって、人生で初めての経験でしたが、

あぁ、こんな気持ちになるんだぁ・・・。

 

と、なんか、

とっても幸せな感覚になりました。

 

 

 

 

お金の使い方で人生決まるっていうけど、

 

その時の感情は言葉にできない、格別なものでした。

 

 

・監督とクラブへの恩返し

・自分の過去と今の子供のシンクロ

・子供の喜ぶ表情

・これからもたくさんの子に使ってほしいという期待

 

 

 

これらの感情や願いがミックスされてたんだと、今は思います。

 

 

 

 

 

 

 

僕は昔の監督同様、マシーンを買いました。

 

でも、監督の人間性のすばらしさには到底及んでないと思います。

なぜなら、監督は自分の時間を子供のために、

数千、数万時間使ってきているからです。

 

 

 

同じようにマシーンを買ったからこそ、

すごいなぁ、と心から思います。

 

 

 

 

寄贈させていただいたことで、

思いがけない素敵な感情をいただきました。

監督という人生の先輩の偉大さを改めて感じることができました。

 

 

 

 

こんなプレゼントをいただけるとは思ってもいなかった。

 

 

このブログを書いたことで、さらに、

そのプレゼントの有難さを感じることができました。

 

 

 

 

 

 

さて、打ち合わせ行ってきます!!

 

 

 

 

目の前のことに、ちゃんと向き合っていくのが、

監督をはじめとする、お世話になってきた卓球関係者への恩返しになると信じて。

 

シェアする

PREVIOUS
NEXT

関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です